2005年7月                                    写真はクリックすると大きくなります                                         花日記top


7/31

7月も終わりですね。今日午前中は久しぶりの雨でした。雷つき。少しは涼しくなるでしょうか。
 さて今日のお花は宿根ロベリア(サワキキョウと同じとみていいか?)、深い青がとてもきれいです。背丈は6、70cm。鉢植えなので水切れさせないように注意しなくてはなりません。
 右上はイポメアの赤花です。播いたことも忘れていて花を見てハッとしました。2,3年前ジプシーブライドという白いスカートを重ねたようなすてきなイポメアがあったのですが、消えてしまって惜しいことをしました。ところで朝顔とイポメアのちがいはどこにあるのでしょう。調べてみたら共にヒルガオ科のイポメア属。その中のイポメア亜属にイポメア節とアサガオ節・・・ウーンむずかしい。ちなみにサツマイモもイポメア属です。
 右下はブータンルリマツリです。苗置き場の棚から花茎をびゅーんとのばしてここにいるよと私を呼んでいました。ハイハイ。ちゃんと写真を載せてあげますよ。
7/29
トウテイラン(洞庭藍)
ゴマノハグサ科
ルリトラノオ属
雨の予報が出ていたのですが、蒸し暑い曇天。植物も人間もひたすら雨を望んでいます。
 左はトウテイラン(洞庭藍)。名前は中国湖南省にある洞庭湖の瑠璃色の水の色からつけられたそうですが、きっときれいな湖なんでしょうね。日本固有種で近畿から山陰の日本海岸に自生。絶滅危惧種に指定されているそうです。でも園芸店では売っていて株分けや挿し芽で容易に増やすことができます。絶滅種ならせめて挿し芽をしてふやしたいですね。ウチではがっちりした株にならないのはなぜ?日当たりに問題か?
 右はセラトセカトリロバ。白の種を播いたつもりでしたが今年もやっぱり淡いパープルでした。レーマニアエラータの花に似ていますね。この暑い時期に咲くのは貴重です。しかも花期が長い。これはこの日記で去年の秋に紹介しましたので舌を噛みそうな名前があったくらいは覚えてくださっているかも・・・、
7/27  夏空に似合う元気なルドベキア・タカオです。2,3年前に苗で買ったときはお高かったけれど、宿根するし、種が落ちたのかもう二株できてラッキーです。
 右はワイルド・オーツ。風知草と並んでこれがあると風を感じる庭になりますね。ニセコバンソウとも。平べったい麦のような穂が頭を垂れます。ドライフラワーにもなるし寒さにも強く、春には力強い芽が出てきます。風雅舎で見ていいなと思いました。種まきも簡単ですが穂が立つのは翌年かな。ちなみにこれは3年ものです。
7/25  シックな穂が目をひきますがこれは古代きび。Zふぁんの種からです。葉もダークでなかなかいいでしょう。3本とも穂が出るのを待てないでupしていまいました。
 右の寄せ植えは和風を意識したのですが中心にはレモングラス、小さい葉の変わったコリウス、手前に銅葉の?、後ろにこれまた?のピンクの花、斑入りの葉のスイショウランも入れています。左後ろが例の皇帝ダリア(地植え)、右のトレリスには花が少ないというナツユキカズラがからまっています。
 今日もまた夫がトマトを採ってきました。助けて〜〜!!
うまく時間差でできてくれたらいいのにねえ。/(-_-)\
7/23
パンパカパーン。皇帝様の今日のお姿です。夕方涼しくなって庭の手入れをしていたら、写真を撮るのを忘れていまして、もう6時過ぎての撮影でした。身長は127cm。南にキンモクセイがあって日当たりのじゃまをしていましたが、ここまできたら日もよくあたり力強く成長してくれるでしょう。もう1本は大きい鉢に植えています。台風が来たらヨイショと屋内に運び込むつもりです。昨年の台風にはひどい目に遭いました。
 右はまた畑の1日の収穫です。朝昼晩トマトばかり食べています。コレ、遠目にはわかりませんが、よく見ると熟れかたのムラがあったり・・・よそへ持っていくのは選びに選んで、結構気を使いますのよ。あとはもうトマトソースを炊くしかないかな。
7/21 ホワイトでまいります。
半八重咲きのコスモス・サイコホワイトです。もう少し花びらが重なってくれたらいいのにな。でも気に入りました。右はナツユキカズラです。トレリスにからまっているけれどスゴイ成長で、びゅんびゅんつるが伸び放題。それで切るためか花は少ないです。一面真っ白になると想像していたのだけれどね。これは育てかた、場所に問題がありそうです。去年はひとつも咲きませんでした。そうそう皇帝ダリアは順調に大きくなっています。次回にお見せしますね。乞う、ご期待。
7/19
信州へ行って来ました。1泊2日のバスツアーです。涼しさを期待していましたが昨日の清里の暑かったこと。きょうの軽井沢、白樺湖はしのぎやすく、この写真の霧ヶ峰高原は爽やかな風が渡っていました。
ニッコウキスゲのお花畑が見事に広がっていて少し歩きながら夢中で花の写真を撮りました。たっくさん撮ったので、ホラ見て下さい、こんなシャッターチャンスにも恵まれましたよ(3枚目)。幸せ気分。
7/17 もう梅雨は明けたのでしょうか。暑い日が続いています。もうすぐ夏休みですもんね。
左はメドーセイジ。青い花が目をひきます。このバックはアサギリソウ、銀色のやわらかい葉ととてもよく似合うと思ってわざわざこの前にひっぱってきて写真を撮りましたのよ。もう1枚は前に出ましたがアプチロン・ベラ。冬を二度越し、絶え間なく大きな花を咲かせています。これはもともと種まきをしたものです。気温によって花色が少しちがうみたいです。
7/15
ちょうちょの大好きなブットレアです。
ほら、右下を見て下さい。クロアゲハが来ていますよ。
右のピンクはどんどん背が伸びて高いところで咲いています。少し切りたいのですが今花をたくさんつけているのでしばらくそのままにします。これは何年か前に兵庫県のコンクール(花と緑)のご褒美にいただいたものです。
左は白ですが鉢植えなのであまり大きくなれません。その上これは葉に斑が入っていたはずなのに、今では緑の葉だけが出ています。どうやら接ぎ木してあったのでしょうね。でも白い花がきれいなのでこれでもいいです。。
よく見ると一つの花が小さいながらとってもきれいであることを発見しました。
7/14 本日の収穫、特別号upです。
貸し農園で夫が野菜を作っていますが、トマトがどっととれ始めました。私はもっぱら収穫だけのいいとこどり。
ああ、種まきだけは私がやりました。品種はタキイの「桃太郎」。手前のミニトマトはサカタの話題の「アイコ」です。最盛期にはもっとたくさんになるのでもらっていただけるところをさがさなくては。夫ご自慢の西瓜は20個余りなっていますが早くもツルに元気がありません。雨か、病気か、はたまた連作障害か。キュウリはもう終わりに近くてここに並べてはもらえませんでした。手前のシソは塩もみしてもう梅漬けの中に納まっています。泉州水茄子が好評、とうがらしは万願寺。こだわりの野菜も夫婦二人では食べきれませんです。。
7/13 まずまずのお天気。洗濯に草取りにそれにカメラを持ってウロウロ、忙しいことです。きょうは爽やかにブルーでいきましょう。左はアカパンサス。ここ何年もあまり大事には扱われていないのに、律義に花をつけてくれます。ごめんね。。
右はセイヨウニンジンボク。淡路花博で買ってきたもので、かなり背が高くなりました。春、新芽が出るのが遅いのでもう枯れたかなと思ったりするのですが、今年も花を見せてくれました。
7/11 それにしてもよく降りますね。皆さまのところでは被害はありませんか?連日の雨で我が庭はもうジャングルです。
左はリシマキア・ファイアークラッカー。パンチのきいた
黄色が鮮やかですね。これは黒っぽい葉をもつユニークさが目立っていましたが、おやまあ、今は濃い緑です。
右はどこからやってきたのかねじ花です。見つけて思わずヤッター!!欲しいと思ってもめったに出てはくれません・・・螺旋状に咲くかわいい花はなんとも愛らしい。来年も咲かせるにはどうしたらいいのでしょう。種がちゃんととれるかしら?アドバイスお願いします。
7/9 今日も雨。これは数日前の写真です。左はノウゼンカズラ。枝の先に花がつきますが、どんどん伸びて植木にからみついていくのでガマンしきれない誰かさん?に切られてしまい、花に巡り会えたのはやっと3年目です・・・
右はバラの花みたいな八重咲きインパチェンス。これはいいですねえ。冬越しが難しいので毎年苗を購入します。だんだん値が下がって今年は148円でゲット。秋には豪華な鉢になります。楽しみ〜♪
 種プレゼント、昨日までにお申し込みのかたには、本日お送りいたしました。楽しみにお待ちくださいね。まだまだ15日までOKですよ。
7/7 昨日から愛知万博に行って来ました。
 今日7日はネパールデイで、EXPOホールで国の公式記念式典がありました。思いもかけずネパール大使館からの招待券をいただけることになったのです!中央のお二人がネパール王国の皇太子ご夫妻。妃はデレイ デレイ スンダリ フヌフンチャ(大変美しい人)でした。後ろにいる厳めしい警護の人が目を光らせています。会場に入れるのは招待券を持っているひとだけ、しかも空港よりも厳しい持ち物チェックがありました。(ゲートを入るのに全員チェックがあるので二重の検査です。)その後偶然日本館のなかで目の前でお見かけしましたよ。暗かったのが残念。
ネパールデイについてはトピックスでupの予定です。
近いうちにね。
 下の二枚は会場でいいな、と思った花風景です。
右は三尺バーベナ。風に揺れていい感じ。
 留守中、種プレゼントのご応募のメールを何人かのかたから頂いておりましたが、お返事や発送は明日以後ということでしばらくお待ちくださいね。歩きすぎて足がパンパン、くたくたです。今夜はこれだけ書いて寝ますね。。
7/5 梅雨の中休み。なんとか洗濯物を干せました。
 左はタリナム・プチピンク。別名をクサハナビというそうです。いただきもののクサハナビがあるのですがブルーで花の形もちがいます。これはきっと浜名湖花博のカナダ庭園でびっしりさいていたものと同じと、サカタで見つけて買ってしまいました。まだ花は少ないですが多肉植物で夏の暑さにも強いらしいので期待しています。右はオキシペタラム。きれいなブルーですね。でも雨に打たれて花が傷んでいました。
 本日種プレゼントをupしました。みなさんのお庭でもぜひ咲かせてくださいね。ご応募をお待ちしています。
7/3 待望の雨だったのに、こんどは各地で豪雨・・・うまくいきませんねえ。
雨の合間に写真を撮ってきました。ナントこれはおnewのデジカメで初撮影なのです。画質がきれい、操作が簡単、電池が長持ち、コンパクト、マクロの機能が充実、値段etc.わがままな条件を満たすものをさがしまわって、最後は息子の助けを借りてやっと決めました。インストールもすべて自分で!やりました。ちょっとは進歩できたかな。赤い花はモナルダ(タイマツソウ)。2,3年前に種を播いて宿根しています。右は渋さがにくい?ルドベキア“Chim Chiminee”これも3年目です。
梅雨空を吹き飛ばすほどの元気な夏色の花でした。
写真が暗いですがお天気のせいかな?ホワイトバランスとやらを研究してみますね。
7/1

7月になりました。やっと雨らしい雨。ほっと一息。
これは何度か登場した市民花壇ふるーるです。私もメンバーのひとり。住宅地の入り口で場所的には恵まれていて多くの人に見てもらえるし、憩いの空間になっています。唯一、最大の欠点は水がないこと。元気の良いメンバーがポリタンクで公園から車で運んでくれているのです!夏場はとくに大変。神戸市から市民花壇として認可され助成を受けておりますが、後からの水道栓の設置は大金がかかるので無理なのです。(自治会も)。まちづくりの初めの段階でこういう場所には是非とも水道栓をつけてほしいと私達も提言しています。今ミソハギがきれいな穂を立ち上げています。大勢で度々苗を植え替える花壇ですが、花のない時期でもこれだけはみんなに抜かれないで、存在をアピールし続けています。気球の絵は仲間のOさんの作品。季節によって替えられるだけの枚数があるのもすごい。3枚目はだれかの寄付。手前に風知草がよく似合う。右は市の提供によるマリーゴールドが花盛りです。毎年市民花壇コンクールで入賞していて今年も!とみんなの意気込みも大きいです。